​作品紹介

図書館で浅香萌は一人の不審な少女と出会う。

図書館の本を盗もうとしているのではないかと、萌は少女に声を掛けた。
彼女が借りていた本はピンホールカメラの作り方。話を聞くと、盗撮されていると打ち明けた。

しかも母親が入ると密室からカメラはなくなっていたという。カメラは一体どこに消えたのか?

​作品紹介

「さよなら、悠里くん…」

そう呟く彼女の眼はとても冷たかった

 

高校生の大庭悠里は夏休みを目前に、恋人の小野塚伊織に突然別れを告げられ、町を去られてしまう

その事実を受け入れることができず、鬱々とした夏休みを過ごす悠里

しかし、さらに彼を驚愕させる出来事が起こる

伊織が何者かに殺され、霊となって自分の目の前にあらわれたのだ

 

「悠里くん、お願い…私を救って…」

伊織への想いを捨てられない悠里は、彼女の言葉に誘われるまま立ち上がる

しかし、その先に待ち受ける、深い深い闇の真実を彼はまだ知らない

彼女のその言葉に隠された意味を彼はまだ知らない